新商品 フローラルと白檀の薫り 線香「ひらら」
*
香りの基礎には落ち着いた漢方香料と白檀、そして、その上にローズの香りを調香して香りのイメージを創りあげています。
ほんのり甘いローズの香りが漂う陽射しの中を感じて頂けるものと存じます。
*
おかげさまで、
乾仏具店は、初代・乾梅吉が西暦1921年(大正10年)高知市洞々島の三十番札所安楽寺さま・薫的神社さまの門前で、四国八十八か所お遍路用品をなどを販売する「乾梅吉商店」を創業したのが始まりです。
二代目一重が家業を継ぐため、大阪の日本郵船より来高したのが昭和11年。京都・大阪から仏壇仏具を仕入れ、専門店としての商いが始まり、現在に至ります。

乾仏具店「お線香」へのこだわり
直木賞作家・山本一力氏著『ジョン・マン』にて、「乾仏具店謹製のお香」と登場ささせていただくなど、かねてより皆様方に「こだわりの良い香り」を聞いていただくべく、お線香をお届けしてまいりました。
本製品は、お線香製造元である「大阪・玉初堂」の協力により、沈香・白檀等の天然香木の香りを十分に活かしつつ、現在風の香りにアレンジする調香法によって開発・製造された、乾仏具店オリジナル高級線香です。
* *
原材料:椨皮粉、木炭粉、インド産白檀、大茴香、香料類他
■桐箱は、進物用にお勧めです。